Topics

.

“彩の国”市民科学オープンフォーラムが建設通信新聞に掲載されました

11月9日(水)に、大宮ソニックシティビル4階 市民ホールで開催された、レジリエント社会研究センター主催「"彩の国"市民科学オープンフォーラム」の記事が建設通信新聞に掲載されました。



建設通信新聞 2016年11月18日
建設通信新聞20161118


スポンサーサイト

2016/11/18 10th FORUM8 デザインフェスティバルで,睦好センター長が特別講演を行いました

本センター長の睦好宏史教授が,10th FORUM8 デザインフェスティバル(品川 インターシティ)で「橋梁技術の変遷-丈夫で長持ちする橋を目指して-」と題 して特別講演を行いました。


デザインフェスティバル20161118

“彩の国”市民科学オープンフォーラムが開催されました

11月9日(水)に、レジリエント社会研究センター主催の"彩の国"市民科学オープンフォーラムが、大宮ソニックシティビル4階 市民ホールで開催されました。
「埼玉県で直下地震が起こる前に ~身を守るための知識と知恵~」をテーマに,建築や災害の専門家および行政から話題提供が行われた後、パネルディスカッションや会場参加者との質疑応答の機会が設けられ、参加者から活発に意見が出されました。

話題提供
話題提供

パネルディスカッション
パネルディスカッション

2016/10/27 長崎大学インフラ長寿命化センターで,睦好センター長が特別講演を行いました。

本センター長の睦好宏史教授が,長崎大学インフラ長寿命化センターで
「橋梁の維持・管理の現状と最近の研究
     -丈夫で長持ちする橋を目指 して-」
と題して特別講演を行いました。

北海道の海岸防災林プロジェクトが朝日新聞に掲載されました

田中規夫教授が3年間取り組んでいた北海道の海岸防災林プロジェクトが朝日新聞に掲載されました。

朝日新聞20161008