Topics

.

埼玉県「土砂災害警戒情報見直し検討委員会」の新聞記事が掲載されました

埼玉県の「土砂災害警戒情報見直し検討委員会」に関連して新聞記事4件が掲載されました。

毎日新聞(2016.9.15)
20160915毎日新聞

読売新聞(2016.9.15)
20160915読売新聞

埼玉新聞(2019.9.15)
20160915埼玉新聞

東京新聞(2016.9.23)
20160923東京新聞
スポンサーサイト

「首都高で初めて適用するプレキャスト壁高欄の実大載荷実験を実施(レジリエント社会研究センター 睦好宏史教授・牧剛史准教授)」 (2016.06.24)

埼玉大学と首都高速道路(株)との包括協定の一環として、首都高で初めて
適用するプレキャスト壁高欄の実大載荷実験を実施しました。

首都高では高速道路5号線の板橋JCT~熊野町JCTで、渋滞解消のため、
3車線から4車線の拡幅工事を行っています。合理化施工と工期短縮のため
DAK式プレキャスト壁高欄(鉄筋コンクリート製壁高欄を工場で製作し現場
に運んで組み立てる)を採用することになりました。
首都高での採用はこれが初めてなので、実大の壁高欄を用いた載荷実験を
埼玉大学で行い、安全性を確認しました。首都高などから関係者約60名が
見学しました。


プレキャスト壁高欄施工箇所
プレキャスト壁高欄施工箇所

プレキャスト壁高欄静的載荷試験
プレキャスト壁高欄静的載荷試験

「首都高で初めて適用するプレキャスト壁高欄の実大載荷実験を実施(レジリエント社会研究センター 睦好宏史教授・牧剛史准教授)(写真)
埼玉大学の実験室

=
埼玉大学の実験室

IIRS/CEE Seminar

Recent Research Activities at AIT
in Earthquake Engineering
 

Professor Pennung Warnitchai 
Department of Structural Engineering 
Asian Institute of Technology 
Thailand 

Dr. Pennung Warnitchai is a Professor of Department of Structural Engineering, Asian Institute of Technology (AIT), Thailand. Dr. Pennung joined the Asian Institute of Technology (AIT) as an Assistant Professor in the Structural Engineering (STE) Field of Study (FoS) of the School of Engineering and Technology (SET) in 1992. He obtained both his Doctor of Engineering and Master of Engineering degrees from the University of Tokyo in 1990 and 1985, respectively. Dr. Pennung graduated from Chulalongkorn University (Thailand) in 1982 for his Bachelor of Engineering (in Civil Engineering). Dr. Pennung's research encompasses the areas of structural dynamics, earthquake engineering, wind effects of structures, bridge engineering and control of structural vibration.

Time and date: 11:00-12:00, Wednesday, 6 July, 2016
Venue: Lecture Room No.31, GF, Depart. of Civil & Env. Eng.-1

Open to everyone

International Institute for Resilient Society
Department of Civil and Environmental Engineering
Saitama University

Seminar by Prof Warnitchai 20160706

睦好教授、土木学会田中賞(論文部門)を受賞

平成27年度土木学会田中賞(論文部門)を以下の論文で受賞しました。

青木(埼大建設平成元年卒)・渡邉・三加・宮永・睦好:供用後40年経過したPC
桁の性状から推定されるPC橋の性能評価、土木学会論文集、E2(材料・コンク
リート構造) Vol.71、No.3 pp283-302、2015


熊本地震被害調査と入力評価

2016/5/04 平成28 年(2016 年)熊本地震被害調査(益城町周辺その1-辻の城、木山、寺迫)

2016/5/04 平成28 年(2016 年)熊本地震被害調査(益城町周辺その2-赤井、木崎)

2016/5/04 平成28 年(2016 年)熊本地震被害調査(益城町周辺その3-福原、畑中)

2016/5/04 平成28 年(2016 年)熊本地震被害調査(益城町周辺その4-田中、平田)

2016/5/04 平成28 年(2016 年)熊本地震被害調査(益城町周辺その5-石川、上陳、田原、堂園)

(以下、解析関連です。)
2016/5/06 平成28 年(2016 年)熊本地震-前震本震の連続作用による応答増幅の影響評価

2016/4/30 平成28 年(2016 年)熊本地震-構造物への入力評価

(英語版)
Goit & Saitoh_2016.05_Kumamoto Earthquake Reconnaissance Report

FC2Ad